神戸の紅葉スポット!おすすめは?初めてならココが鉄板!

神戸紅葉を楽しむならどこがいいの?」

 

紅葉で山々が赤く色づいた景色は、秋ならではの美しさ。

とりわけ神戸は、山と海が近いこともあって、一度に両方の景色が楽しめることが嬉しいですね。

 

「神戸の紅葉は初体験!」っていうあなたは、やはりおすすめスポットで今年は見たいはず。

 

そんなあなたに今回は、神戸の紅葉を見るなら一度は訪れておきたい2つの名所をご紹介します。

その名所とは・・・

  • 六甲山
  • 須磨離宮公園
の2ヶ所です。

 

神戸で育ってウン十年?!
数々の神戸の観光スポットを歩いてきた私が、それぞれのとっておきの見どころをお伝えしますね。

 

参考にしていただければ、きっと楽しんでもらえることでしょう。

それではどうぞ。

SPONSORED LINK


 

六甲山の紅葉!おすすめスポットを攻略

 

六甲山の紅葉は、通年11月上旬から下旬にかけて見ごろになります。

一口に六甲山といっても、めちゃくちゃ広い範囲を指します。
なので1回だけの紅葉狩りだと、全部の見どころを楽しむのは到底無理。

今シーズン中に何度も行くか、また来年も神戸に訪れてくださいね。

 

さてその広い六甲山。

山頂までの行き方で、楽しみ方がそれぞれ違うんです。

中でもおすすめは、次の4つです。
  • 登山コースを歩く
  • 六甲ケーブルに乗る
  • 六甲ロープウェイに乗る
  • 車でドライブ
 

1ヶ所なのに4倍おいしいですよ。

 

ではそれぞれの楽しみ方を、順に詳しくお伝えしていきますね。

 

SPONSORED LINK


 

登山コースを歩く

 

登山しながら、のんびり紅葉を楽しめます。

4つの楽しみ方の中では、紅葉を一番近くで長く見られるのが魅力ですね。

ただ六甲山の登山コースはなかなかの距離勾配なので、山頂まで約4時間半もかかります。

あなたがもし登山が苦手ならおすすめしません。

 

でも登山コースはハイキングも兼ねて、みんなでワイワイ楽しめます。

家族でのんびりと紅葉狩りに行きたいなら、この方法がいいですよ。

 

 

六甲ケーブルに乗る

 

昭和7年開業の歴史あるケーブルカー。

ケーブルカーの中から見る紅葉は他では楽しめません。

徒歩と違って、山頂までは約10分で着いちゃいます。

 

私はこのケーブルカーのレトロ感と、紅葉との組み合わせがたまらなく好きなんです。

なので普段ケーブルカーを利用する時は、ケーブルカーと紅葉の組み合わせで、いつも写真を撮ってるんですよ。

 

 

六甲有馬ロープウェイに乗る

 

有馬温泉から山頂までをつなぐロープウェイです。

山頂までは約12分かかります。

 

ロープウェイから見下ろす紅葉はこれまた格別です。

宙に浮いている感覚で、広い範囲で紅葉を見渡せるのは、先ほどのケーブルカーとは違う魅力ですね。

 

あなたが神戸の紅葉を訪れるのがはじめてなら、このロープウェイの行き方がいいですよ。

まず全体を楽しんでから、次は穴場に。

そのあなたの望みを叶える第一歩が、このロープウェイなんです!

 

 

車でドライブ

 

車の中から紅葉を楽しめます。

車の中は誰にも邪魔されない、家族だけの空間なので、ドライバー以外は快適ですね。

ただ六甲山の山道のカーブは全国的にも有名です。

カーブがきつすぎて、あなたのご家族に車酔いしやすい方がおられるのでしたら、おすすめしません。

 

途中、路側に停まって休憩しながら、のんびり山頂までの紅葉を楽しみましょう。

 

さて、4つの楽しみ方をお伝えいたしました。

どのコースもそれぞれの魅力があって、甲乙つけがたいですね。

そしてあなたは4つの行き方のどれかで、山頂に到達します。

 

山頂に着いた時に覚えておいてほしい、さらにおすすめの紅葉スポットがあるんですよ!

それが「六甲高山植物園」です。

六甲山の山頂にあり、春夏秋冬、四季折々の植物をいつも楽しめる植物園です。

特に秋の紅葉の時期は素晴らしいですね。

 

下の動画にもあるように、園内のどこを歩いても、赤く色づいた木々がめっちゃキレイですよ。


 

あと、シーズン中は毎年、夜の紅葉散策が実施されます。

ライトアップされた紅葉は、神戸の夜景をバックに幻想的に浮かんで見えますよ。

 

そしてこの六甲高山植物園。

夜の紅葉散策は10月29日~11月6日の日程となっています。

山頂に行くなら、絶対に押さえておきたいですね!

 

 

須磨離宮公園の紅葉!おすすめスポットを攻略

 

六甲山と並び、もう一つのおすすめスポットは、月見山にある「須磨離宮公園」です。

噴水広場や温室が心をなごませてくれます。

 

また子供向けの施設も充実していて・・・
  • おべんとう広場
  • ジャンボすべり台
  • 児童遊園
  • フィールドアスレチック
などが面白いですよ。

 

家族で行くなら、子どもが喜ぶのは、六甲山よりもこちらかもしれませんね。

 

さて、この須磨離宮公園も当然園内全体で紅葉が見られます。

中でも一番見晴らしのいいポイントが月見台休憩所です。

ここからの景色は、海と紅葉のコントラストがめっちゃきれいです。

この風景はやはり神戸ならではですね。

 

またお弁当を準備しておいて、お昼には家族で紅葉を楽しみながらピクニックなんていかがでしょう?

私も何度か友達と紅葉狩りと称して、お弁当目的のピクニックをしましたよ。

紅葉を見ながら、落ち葉をザックザックと踏みしめて散歩したのは、今でもいい思い出です。

 

そして須磨離宮公園が紅葉の名所と呼ばれる理由が、「もみじ鑑賞会」というイベントが毎年催されるからなんですね。

 

もみじ鑑賞会の詳細

期間:11月中旬~12月上旬

内容
  • 紅葉のライトアップ
  • お茶会
  • 150メートルのもみじトンネル
 

このもみじ鑑賞会。

期間中は19時まで開園されているので、夜のライトに照らされる美しい紅葉と噴水が楽しめますよ。

 

 

さいごに

 

神戸の紅葉スポットで、ご紹介した2ヶ所は、地元では定番ながら,絶対押さえておきたいスポットです。

家族で行くなら、ハイキングやピクニックも兼ねてワイワイ楽しめますよ。

 

さらに期間限定のライトアップもロマンチックで、一度行くと次の年もきっと行きたくなるでしょう。

 

今年は、あなたの番です!

満足のいく紅葉狩りができるよう、願っていますね。

SPONSORED LINK
URL :
TRACKBACK URL :

コメントいただけると嬉しいです

*